しあわせ♡子供ノート

子供ともっと幸せに生きるための情報ノート

*

100均のラッピング用の箱で可愛いの発見!バレンタインにおすすめのラッピング方法

      2016/12/04


バレンタインのラッピング用に箱を探してるんだけど…
100均にかわいいデザインのものないかな?
箱詰めするときにかわいくするコツはないかな?

★★★
こんにちは、ゆう子です(*^^*)

もうすぐバレンタイン。
あげるものが決まった後も新たな悩みが。

そう、お菓子のラッピング方法です。

とりあえず箱に入れよう!と決まってもどうやってラッピングしたら可愛くなるんだろう?どうしたら相手に喜んでもらえるんだろう?と、ラッピングのやり方に悩んでしまうことってありますよね。

今回は100均で買えるかわいいラッピング用の箱とラッピングのコツについてご紹介します。

実際に100均で材料を買ってきて箱を可愛くラッピングしてみたのでよろしければ参考になさってください(*^^*)

可愛く飾って彼氏や好きな人、お友達などをびっくりさせちゃいましょう!

スポンサーリンク

100均のラッピング用の箱はバリエーション豊富!

バレンタインのラッピング用に箱を探しているなら断然100均が安くて可愛いのでおすすめです。

シンプルな白や薄いピンク色の無地の箱をはじめ、水色などのストライプ柄や落ち着いた色の赤(えんじ色)、ネイビー、青、ハート形の模様がたくさんついたかわいいデザインのものなど本当にたくさんの種類があります。

箱の形も様々で、長方形や正方形はもちろん、トリュフを入れるのにぴったりな小さい四角が並んだ箱や丸型の箱、鈍感な本命さんでも一目でわかるハート型のボックスなどもあります。

これだけ色々あるのであげる相手によって箱のデザインを変えられるのが嬉しいですよね^^

可愛いラッピングでシンプルな箱を変身させよう!

気に入った柄の箱を見つけたらそのまま使ってももちろんいいですが、シンプルな箱を見つけて、箱の中を豪華にするのも開けた時の楽しみがあっておすすめです。

あけたときに相手が「わ~っ可愛い~♪」となるのでニヤリって感じになりますよw

バレンタインのラッピングで箱の中を可愛くする方法

箱の中を見て「かわいい~!」と言ってもらうためには、なるべく外側はシンプルな箱を選ぶのがコツです。
たとえば真っ白な箱を用意して、外側はピンクや赤など好きな色のリボンを巻くだけにします。

そして中に入れる紙のもじゃもじゃ?もしゃもしゃ?(←緩衝材っていうのかな?)をピンクや黄色などのかわいい色のものを選んで詰めます。
*あとで知ったんですがこの紙のモジャモジャって「ペーパークッション」って言うんですね(恥)

箱に詰める緩衝材には羊毛フェルトのようにコロコロと丸いふわふわのものやコーンクッションと呼ばれる発泡スチロールがハート型になったような物も売っているので、そちらを使うのもおすすめです。

コーンクッション

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-18-22-48-49
こういったクッションはラッピングコーナーにあることが多いですが手芸コーナーに売っていることもあるので、両方探してみてくださいね。

クッションが置けたらその上にレース柄や好きな模様が描かれたペーパーナプキンを敷いて、
%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-18-22-49-50
さらに可愛い袋に詰めたチョコレートやお菓子を載せるととっても可愛くなります^^
%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-18-22-58-31
メッセージカードをつけてもかわいいですね。

この自作のバレンタインの箱のラッピングについては下記の記事で写真付きで詳しくまとめています。
よろしければ参考になさってくださいね^^

【関連記事】
>>100均で安い!簡単!可愛い!箱をバレンタイン用にラッピングしてみたよ【写真付き】

こんな風に箱の中を可愛くデザインすれば、外と中のギャップにびっくりすること間違いなし♪

お友達に内緒で本命彼氏にチョコレートをあげるときにも外側からはばれにくいので、おすすめですよ(人´v`)

あとは緩衝材の上にふわふわの綿を少し盛ると雪のようになってとっても素敵です。

スポンサーリンク

バレンタインに喜ばれる箱のラッピング方法

バレンタインのラッピングをするときには可愛くすることも大事なのですが、同時に食べやすさなどの利便性も忘れないようにしましょう。
ちょっとした気配りが垣間見えるプレゼントはとても嬉しいものです(*^^*)

お菓子はラップなどで包もう

たとえば、紙の緩衝材の上にそのままお菓子を載せると、箱が揺れてお菓子が倒れた時に緩衝材が食べ物にくっついてしまい不衛生です。

そのため、フォンダンショコラや生チョコタルト、ガトーショコラなどべたつきやすいものは、必ずラップやアルミホイル、セロハンなどでできたラッピング袋などに一度包んでから箱に詰めるようにしましょう。

一緒に小さいスプーンやフォークなどを入れてあげるととっても親切です。

ラッピング袋ならチョコクランチやマカロンなどの小さめのものも入れやすいです。

ワックスペーパーが可愛い!

ラッピング袋のほかにもワックスペーパー(パラフィン紙とも呼ばれます。ハンバーガーなどを包んでいるアノ紙のことです^^)などはそのままお菓子を包んでたべられるので手が汚れにくく、子供のいるママ友と交換するときなどにおすすめです。
ワックスペーパーはお菓子を包んでから両はしをクルクルと巻いてキャンディ型に包むとかわいいですよ♪

ワックスペーパーは可愛いデザインのものだけでなくおしゃれなデザインのものも売っているので、スティックケーキやブラウニーなど、何を包むかによって使い分けてもいいですね。

食べやすいような工夫を

また、生チョコやトリュフ、石畳チョコなどをプレゼントするときにはつまようじやピックなども入れて渡しましょう。
100均のお弁当コーナーなどにかわいいピックもたくさん売っていますので、それがアクセントにもなります。

また、先ほどラッピングの仕方のところで、お菓子の下にペーパーナプキンを敷くアイデアをお伝えしましたが、そのようにするとお菓子を食べた後にそのナプキンで汚れた手や口をすぐに拭くことができて便利です。

このように一つでも食べるときに食べやすいような工夫をしてあげると喜ばれますよ。

まとめ

バレンタインってなんだかウキウキしますよね。お菓子を作る時もそうですが、ラッピングもとっても楽しいものです。
あなたが丁寧に包めば包むほど相手に気持ちが伝わるものですので、心を込めて行いましょうね^^

思い出に残る素敵なバレンタインになりますように♪

スポンサーリンク

 - 冬のこと