インフルエンザ

インフルエンザの腰痛で寝れない治らない時の対処法 解熱後の腰の痛みの原因は?

スポンサードリンク

インフルエンザで熱は下がったけど腰痛がひどくなってきた…
寝れなくてつらいので何とかしたい!
そもそも腰痛が起こる原因って何だろう?

★★★
こんにちは、ゆう子です(*^^*)

せっかくインフルエンザの高熱が落ち着いてきたのに次は腰の痛みが辛い…

腰の痛みはインフルエンザの治りかけに出てくることが多いですが、とてもつらいですよね。
腰が痛いと日常生活にも支障が出ますし、仕事に忙しいサラリーマンの方も家事育児に勤しむ主婦の方もなるべく早く治したいと思うものです。

今回は眠れないほどつらい腰痛を早く治す方法と、何をためしても治る気配がないときの対処法、解熱後に腰痛が続く原因についてご紹介します。

スポンサードリンク

インフルエンザによる腰痛で寝れないときの対処法

横向きや前かがみになって寝る

腰が痛くて寝れないというときは仰向けで寝ると腰に負担がかかりやすくなりますので、寝方を工夫しましょう。
横向きやエビのように少し丸くなって前かがみに寝るようにすると腰の痛みが緩和されることがあります。

腰にクッションを挟む

腰にクッションをあてると体重が分散され、痛みが和らぐことがあります。
あまり高いクッションだと逆効果ですので、頭と腰がなるべく平行になるくらいの座布団くらいの厚さのものを挟んでおくとよいでしょう。

かたいところに布団を敷く

柔らかいマットレスで寝ていると体が沈んで腰に体重がかかり、負担になることがあります。
普段柔らかめのベッドなどで寝ている場合は、かたい床などに布団を敷いて寝るようにしましょう。

おなかに力を入れる

腰痛が起こる原因は背骨だけで体を支えていることも一つの原因です。
猫背だったり姿勢が悪い状態が続くと背骨に負担がかかり、腰痛が悪化します。
おなかに少し力を入れるようにして歩くと背骨と腹筋で体を支えるようになりますので、腰痛が和らぎます。

温かいシップを貼ったり腹巻をする

腰が痛いときは冷やすよりも温めるのが良いとされています。
温湿布を貼ったり腹巻をすると腰が温められ腰痛や悪寒の改善に役立ちます。

動ける範囲で動くようにする

腰痛持ちの方は整形外科にかかる方も多いですが、整形外科で腰痛があることを伝えると「筋トレしなさい」と言われることも多いです。

腰痛が起こる原因は体を支える筋力が弱っていることも一因になっているため、要は腰の筋肉を鍛えて体重を支えやすくし、腰痛を和らげるということなのです。
筋力が鍛えられると腰痛対策にもなります。

インフルエンザで寝たきり生活が続くと腰に負担がかかり、腰痛が悪化する要因にもなります。
寝すぎがなかなか腰痛の治りが遅い理由でもありますので、少しずつ動いて体を正常に戻していきましょう。

激痛で歩けないくらいひどいときには決して無理はなさらないでくださいね。

インフルエンザによる腰痛が治らないときは?

腰痛が何をしても緩和されないときは別の病気の可能性もあります。
腰痛があると日常生活にも支障が出てくるかと思いますので、できれば再度病院を受診し、別の要因がないか検査してもらいましょう。
医師に相談すると腰痛を緩和する鎮痛剤を処方してくれることもあります。

薬を飲むと劇的に治ることが多いのですが、自己判断で服用すると危険ですので、病院の先生や薬剤師さんに相談しましょう。

インフルエンザの解熱後に腰痛が起こる原因は?

最後にインフルエンザの解熱後になぜ腰痛が起こるのかについてお話します。

インフルエンザにかかると体内にインフルエンザウイルスが入り込みますので、そのウイルスに対抗しようとして熱が出ます。
また、ウイルスと戦うためにプロスタグランジンという物質が発生し、血管を拡張させ、熱を発してウイルスと戦います。
このプロスタグランジンは関節痛の原因にもなっていますので、関節に痛みが出たり腰が痛む原因になるのです。

いろいろな腰痛の治し方を試してみても緩和されないときはこのプロスタグランジンがまだ体内でウイルスと戦っているという証拠でもあります。
そんなときは少し長い目で見て、徐々に腰痛を直していくようにしましょうね。

まとめ

インフルエンザとともに起こる腰痛はとてもつらく早く何とかしたいと思いますよね。
今回ご紹介した方法を使えばきっとあなたの腰痛も緩和されるはずです。

痛みがあるけど育児や家事で働かなければならないというときには整形外科や整骨院などでコルセットをレンタルして装着すると腰が支えられ、痛みが楽になることもあります。

インフルエンザの腰痛が悪化する原因は寝過ぎによるものも大きいので、少しずつ体を日常生活に戻すようにしていきましょう。
無理せずできることから腰痛を解消するように努めていきましょうね。

スポンサードリンク

-インフルエンザ
-,

シェアしていただけたら嬉しいです!