子供の魔女の衣装を手作り!ハロウィン仮装の帽子とステッキの作り方

子供のハロウィンの仮装で魔女の恰好をさせたいんだけど何が必要?

どうやって作ればいいの?

 

こんにちは、ゆう子です(*^^*)

「ハロウィンの仮装で魔女に変身しようと思うんだけど作り方が分からない」

「何から手をつけていいか分からない」

というあなたのために、今回は魔女の衣装の手作りの手順、必要な材料、小物類の作り方についてご紹介します。

とっても簡単で可愛く安く仕上がりますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね^^

スポンサーリンク

子供の魔女の衣装を手作りしよう

こんにちは、ゆう子です(*^^*)
女の子のハロウィーンの衣装といえば魔女の仮装を思い浮かべる方が多いと思います。

小さな子供が可愛い魔女っ子の姿で歩いている姿は何とも言えず可愛いですよね^^
一見、衣装を手作りなんて難しそうと思われるかもしれませんが、意外にシンプルな材料で作ることが出来、本格的な仮装に見えることから、手作りに挑戦する方が非常に多いです。

あなたのお子様もぜひオリジナルの衣装で可愛い魔女ちゃんに変身してみてくださいね。

ハロウィンの魔女の衣装の作り方

早速魔女の衣装の作り方をご紹介します。下記の魔女の写真を参考に作ってみましょう!

【魔女に変身するのに必要なもの】

まず魔女の仮装を完成させるのに必要な基本的なグッズが

  • スカート(ワンピース)
  • 帽子
  • ステッキやほうき

です。洋服は全部を手作りしなくても、スカートだけ準備して上は手持ちの黒の洋服を着れば簡単です。

なんか味気ないというときは下記のチュール生地でストールだけ作ってあげて巻いてあげると華やかになりますよ。

子供用スカートの作り方

今回はいつも縫い目がガタガタになってしまうという不器用さんでも糸と針なしで!簡単に作れるチュールスカートの作り方をご紹介します。
チュールとは下記のようなふわふわした生地で網目が荒いので多少雑に作っても雑加減がばれにくいのでおすすめです^^

魔女の服の定番食といえば黒ですが、ハロウィンのテーマカラーであるオレンジや紫などお好きな色で作ってみてくださいね。

【材料】

チュール生地(お子様の身長に合わせて下記の長さの生地を用意します)

魔女スカート作り方
リボン(お子様の腰回りの長さ×2倍)太めのリボンだと可愛いです。

材料は生地とリボンだけ!簡単だし安く上がります^^

【作り方】

  1. チュール生地を丸めて幅10cmほどになるように切っていきます。幅はそろえて、線は真っ直ぐ切ったほうが出来上がりが綺麗ですが多少幅が違っていたり線が曲がっていても大丈夫です。
  2. お子様の腰回りの2倍の長さに切ったリボンを用意します。
  3. チュール生地を二つ折りにし、輪を作って、その中に端を通し、リボンを結び付けます。魔女スカート作り方2
  4. お子様の腰回りを網羅するくらいの量のチュール生地が結び付けられたら出来上がり。そのままお子様の腰に巻いてあげてください。

これでスカートは完成です^^とっても簡単ですよね。
針も糸も要らないので、お子様とも一緒に作れます。生地の色や質感を変えると雰囲気がガラっと変わりますし、2つ同じスカートを作って2枚重ねで履かせるとボリュームが出てとても可愛いですよ。

また、もっと華やかにしたいときはスカートにリボンのアップリケを付けたりビーズやレースを付けたりするとより可愛く仕上がります。

ぜひチャレンジしてみてくださいね。

ハロウィン仮装の魔女の帽子はどこで準備する?

魔女の帽子は100均でも出来上がったものが売っているので、そちらを使うのが一番手っ取り早いですが、種類によっては200円~300円するものもあります。

またほかの子と被る可能性が高いので、もしオリジナルのものをつくりたいのでしたら、こちらも簡単な方法がありますので、ご紹介しますね^^

魔女の帽子の作り方

魔女の帽子といえば三角帽子ですよね。画用紙で簡単に作れますので、ぜひチャレンジしてみてください。

【材料】

大きめの画用紙3枚くらい
セロテープ
のり
(帽子にアクセントをつけたい場合は下記も)
違う色の画用紙1~2枚やリボンなど

【作り方】

  1. 大きめの画用紙を用意します。
    画用紙の長い辺の中心が帽子のてっぺんに来るように丸めて、三角帽子の形にします。魔女帽子作り方
  2. 帽子の内側をセロテープで仮止めします。
  3. 一部帽子の下に余計な部分の画用紙が残るので、
    長めの帽子になるように切り取っておきます。
    ※切り口はあとで帽子の日よけ部分で隠れますので、綺麗に切らなくても大丈夫です。
  4. 帽子の下の部分に切れ込みを入れて、外側に折りこんでおきます。ここが帽子の日よけ部分ののりしろになります。
  5. 帽子の日よけ部分の画用紙を切ります。
    ドーナツ型の1/4の大きさに切った画用紙を4枚用意し、先ほどののりしろに貼っていきます。魔女帽子作り方2
  6. のりしろに貼り終えたら、日よけ部分もセロテープなどで貼り付けて出来上がり。

このままでも帽子として使えますが、本体と日よけ部分に色の違う画用紙を貼り付けたり、リボンなどを付けるとアクセントになっていいですよ^^

スポンサーリンク

ハロウィンの魔女のステッキの作り方

魔女の持つ小物としてはステッキやほうきがありますね。ほうきは買った方が安いのでw手作りするならステッキが良いと思います^^

一見「どうやって作るの?」なステッキですが、意外と簡単にできますよ。

いろいろなステッキの作り方を見てみたい!という方はこちらに簡単にできる可愛いステッキの作り方をまとめています^^

>>キラキラ可愛い!簡単魔法のステッキの作り方まとめて12選!

【材料】
ストロー数本(ステッキの長さや太さに応じて数本用意してください)
折り紙や画用紙(ストローに巻き付けるのとステッキのてっぺんにつけるのに必要な枚数)
堅紙(ステッキのてっぺんにつけられる大きさ)

【作り方】

  1. ストローの曲がる部分は切りとって3本をまとめてセロテープで巻き、固定します。
    長めのステッキが良い方はストローをつなげて長くしましょう。
    つなげる場合は折れないようにガムテープの固定が良いかもしれません。
  2. ストローに折り紙や画用紙を巻いてセロテープやのりで止めます。
  3. ステッキのてっぺんの飾りを星形やハート型、ハロウィンらしくカボチャ型など好きな形に型紙を切り、同じ大きさのものを2枚用意します。
  4. ストローの先に飾りを固定します。
  5. 飾りの部分に折り紙や画用紙を貼り付けます。星形なら黄色、ハートならピンク、かぼちゃならオレンジ色の紙を貼り付けましょう。

できあがりです^^ポイントを付け加えたいなら持つところや先の飾りにマニュキアのラメを塗ってキラキラにしたり、リボンを巻いたり、リボンをてっぺんからたらしたりしても可愛いですよ。

まとめ

ハロウィンの仮装の準備はちょっと大変ですが、手作りのものでパーティなどに参加するととてもいい思い出になりますよ。

「これ作ったの~!」なんてお子様がお友達に自慢してうらやましがられちゃうかも。素敵なハロウィンパーティを楽しんでみてくださいね。

スポンサーリンク

コメント