しあわせ♡子供ノート

子供ともっと幸せに生きるための情報ノート

*

赤ちゃんのミルクに薬を混ぜると効果はどうなる?飲み合わせで良くないのは?

      2016/11/18

赤ちゃんのミルクに薬を混ぜて飲ませてるんだけどなかなか治らない…

もしかして薬の効果が落ちているの?

こんにちは、ゆう子です(*^^*)

 

子供に薬を飲ませるときってどうやったら嫌がらずに飲んでくれるか、飲ませ方に悩みますよね。
私は子供が大好きで飲んでいたフォローアップミルクに薬を混ぜて飲ませていたんですが、2週間くらい飲み続けているのになかなか風邪が治らない…

もしかしてミルクに混ぜて飲ませているせいで薬の効果が落ちているんじゃないかと思い、薬とミルクの飲み合わせについて調べてみました。

赤ちゃんのミルクに薬を混ぜると効き目がなくなる?

子供に薬を飲ませる時、食事や飲み物に混ぜて飲ませようと考えるお母さんは多いと思います。

でもまずくて飲んでくれなかったり、飲んでくれても薬の効果が薄れてしまったりしたら困ってしまいますよね。
でも、結論から言うと子供用の薬でミルクに混ぜると効き目が落ちるようなものはそうそうありません。
※中には効果が薄れてしまう薬もありますので、最後にご紹介します。

薬剤師さんに聞いたところ、私がミルクに混ぜて飲ませていた薬も効果が薄くなるようなリスクはないとのことでした。

それよりもミルクに薬を混ぜる時は次のことが懸念されるということでしたので、注意点について3つご紹介していきますね。

薬とミルクを混ぜるときの注意点

子供がミルク嫌いになる可能性がある

薬をミルクに混ぜると、今まで美味しく飲んでいたミルクの味が変わることになります。

子供の薬をちょっと舐めたことのある方ならご存知かと思いますが子供の薬って甘い味付けがされてますよね。
でも甘いだけじゃなくやはりどこかしら苦いような…
そんな薬をミルクに混ぜると子供が「このミルクなんか変な味がするー!」といった感じで飲んでくれなくなる恐れがあります。

ちなみに私の息子のときは1歳くらいの頃に初めてミルクに薬を混ぜて飲ませましたが、最初は「ん…?」みたいな反応をしていてなかなか口を付けてくれなかったので

「やっぱり飲まないかー・・・」なんて思ってたんですが、次の瞬間にはゴクゴクといつも通り飲んでいました。

うちの子は鈍感なのかあまりミルクの味にこだわらない派だったみたいです(笑)

速やかに飲ませる

薬入りのミルクを飲んでくれるとしても注意しなければいけない点はあります。

それは出来るだけ早く飲んでもらうこと。

 

薬を水以外のものに混ぜて時間が経ってしまうと効果が落ちる場合があります。

また効果が落ちるだけではなく、味も苦くなったりまずくなったりすることがありますので、薬は飲ませる直前に混ぜるようにしましょうね。

スポンサーリンク

飲み残しをさせないこと

次に注意してほしいのが飲み残しをさせないことです。

ミルクが途中で飽きてしまったりおなかいっぱいで飲んでくれなかったりすると薬の効果が十分に得られません。
そのため、普段通りのミルクの量にクスリを混ぜるのではなく、半分の量のミルクを作ってそこに薬を混ぜ、完全に飲みきってもらうようにしましょう。

またお腹がいっぱいのタイミングでミルクを渡しても飲まずに残してしまう可能性があるので、薬入りのミルクはご飯の前かご飯の途中に飲ませるようにしましょうね。

薬の飲み方で「食後」と書いてあった場合はどうする?

子供の薬の飲み方や効能が書かれた紙などを見ると、「食後」に服用となっていることがありますが、かかりつけの薬剤師さんに聞いたところ、たとえ食後に飲むと書かれていたとしても、子供用の薬は厳密に守らなくても良いとのことでした。

食事の前後によって効き目が大きく変わるということもありませんので、しっかり飲んでくれるベストなタイミングで飲ませるようにしてくださいとのことです^^

念のため、薬をもらったら先生や薬剤師さんに問題ないかどうか聞いてみてくださいね。

 

薬とミルクの飲み合わせが良くないものは?

薬とミルクを混ぜると、あまり良くない飲み合わせもあります。その代表的な薬が

  • ミノマイシン…薬の吸収が悪くなる
  • アドソルビン…飲み物に溶けないため飲み残す恐れがある
  • セフゾン…効果などは変わらないが便が赤くなることがある
  • ファロム…時間が経つと効果が薄れるので早く飲む必要がある
  • カロナール…薬の吸収が遅くなる
  • ムコダイン…おいしくない
  • パセトシン…おいしくない

の7つです。薬の効能については割愛しますが、どれもお子様に処方されやすいお薬です。

ちなみにカロナールやムコダイン、パセトシンはうちの息子が良くもらってくるお薬なのですが、すべて牛乳に入れて飲ませてしまったことがあります><

特に薬の効能に影響があるものは気を付けないとと思いました。。(それにしてもムコダインとパセトシンは美味しくなくなるようですが、うちの子はゴクゴク飲んでたな・・・)

まとめ

赤ちゃんや小さなお子様に薬を飲ませるのって本当大変ですよね。飲まないとなかなか治らないし、治らないと飲ませ続けなければならないし…

子供も大変ですが、親も大変です^^;
ただ、ずーっと薬を飲むのを嫌がっていたお子様でも、ある方法を試したらすんなり飲んでくれたということもありますので、いろいろな方法を試してみてくださいね。

少し苦めの薬はチョコレートアイスに混ぜると意外と飲んでくれたりもするようですよ^^

スポンサーリンク

 - こどもの病気・医療