赤ちゃんの咳を楽にする方法や寝かせ方 咳を抑える室温や湿度とは?

赤ちゃんの咳が辛そう。寝ているときも辛そうなんだけどなんとかして楽にしてあげる方法はないかな?

咳をしていても、赤ちゃんはうがいやのど飴を舐めることなどが出来ないので、大人がなんとか対処してあげなくてはいけませんね。でも「とはいっても…どうしたらいいんだろう?」と困ってしまうことも多いですよね。
私の息子は風邪を引きやすく、冬の夜はたいてい咳をしていて、なかなか治らないということが多かったです>< そんな中いろいろと私が試してみて効果のあった咳が楽になる方法をいくつかご紹介していきたいと思います。とっても簡単にできる方法ばかりですので、ぜひ試してみてくださいね。

スポンサードリンク

赤ちゃんの咳を楽にする方法

こんにちは、ゆうこです(*^^*)
赤ちゃんが咳をしていると寝つきが悪くなったりミルクを吐いちゃったりすることも多いので、早く何とかしてあげたいですよね。
赤ちゃんの咳を鎮めてあげるには下記の方法が有効です。私が実際に試してみて効果があったものばかりですので、少しでも参考になりましたら幸いです^^

1、こまめに飲み物を飲ませる

赤ちゃんはうがいが出来ないので、代わりに水分を積極的に飲ませてあげましょう。水分を摂るとたんが切れて咳が出にくくなります。

母乳でもいいですし、ミルクやお茶、白湯など、少し温かいものをあげると鼻も通りやすくなります。
一気にたくさん飲ませすぎるとむせてしまうことがありますので、少しずつこまめに飲ませてあげるようにしましょう。

2、部屋の掃除をする

ほこりやダニの死骸などのハウスダストが咳の原因となっていることがありますので、赤ちゃんの部屋は綺麗に保ちます。

3、なるべく体が起きている状態にする

横になると気道が狭まって咳が出やすくなりますので、なるべく座らせたり、ねんね期には縦抱きをするようにしていました。

4、背中スリスリ

大人もそうですが、咳がひどい時は背中をさすってもらうと幾分か楽になりますよね。子供にも同じように背中や胸をさすってあげていました。さすってあげると摩擦で温まるので、気管を広げて呼吸を楽にしてくれる役目があるそうです。

5、薬を使う

あまりにも咳が辛そうな時には気管を広げてくれる薬を使っていました。薬と言っても飲み薬ではなく、胸や背中などに塗るとすーっとするクリームタイプのものを使っていました。夜寝る前に塗ってあげると気持ちいいのか、うちの息子はとても楽そうにしていましたよ。

赤ちゃんの咳が出ている時の寝かせ方

夜は副交感神経が優位になるため、咳が出やすくなります。寝かせるときに一工夫してあげると赤ちゃんの咳が出にくくなりますよ。
うちでは楽な体勢にするために、上半身が高めになるよう、バスタオルを背中から上に敷いていました。こうすることによって気管が狭くなるのを防止することができ、喉に痰がからまりにくくなりますので、咳も呼吸も楽になった様子でした。

合わせて部屋の温度と湿度を適正に保つように努めることで、咳ができるだけ出ないように工夫しました。

スポンサードリンク

咳を抑える部屋の温度や湿度

部屋が寒いと冷たく乾いた空気が刺激となってしまい、咳が出やすくなります。あなたは咳が出にくくなる温度と湿度をご存知でしょうか?

赤ちゃんの咳が出にくい室温とは

赤ちゃんが過ごす部屋の温度は「室温21~23℃」が適切と言われています。
意外と低いなと思われたかもしれませんが、室温と外気温の温度差が大きいと冷たい空気がより刺激になりやすくなりますので、逆に咳が出やすくなってしまいます。室温は21~23℃を保ち、寒そうであれば毛布や着ているものなどで調節しましょう。

赤ちゃんの咳が出にくい湿度とは

空気が乾燥していると痰や鼻水が喉に絡まりやすくなりますので、咳がひどくなることがあります。痰が絡まることによって吐いてしまったりしますので、湿度の調整もしっかりするようにしましょう。
部屋の湿度は「55~65%くらい」が適切と言われています。これくらいの湿度を保っておけば、咳はひどくなりませんし、風邪のウイルスが活動しにくくなりますので、感染予防にもなります。
加湿器を使ったり、部屋に濡れタオルをかけておくと部屋の湿度を高めることが出来ます。洗濯物を干しておくのもいいですね。

実はペットボトルとタオルを使うと安全安心な簡易加湿器ができるそうです。下記の記事でその簡易加湿器の作り方や、部屋を簡単に加湿する方法がたくさん紹介されていましたので、ご覧になってみてくださいね。

まとめ

赤ちゃんが咳で苦しそうにしているとこちらも辛くなってしまいますよね。こまめに水分を摂らせてあげると簡単に咳を抑えることが出来、痰が絡まりにくくなりますので、ぜひ試してみてくださいね。適切な対処法と対策で赤ちゃんが楽に寝られるよう助けてあげましょう。

スポンサードリンク

コメント