クリスマスプレゼントの渡し方 子供にサンタからのサプライズ演出を!


サンタクロースを信じている子供がびっくりするようなクリスマスプレゼントの渡し方はないかな?子供を大喜びさせていい思い出にしたい!

★★★
こんにちは、ゆう子です(*^^*)
クリスマスは子供たちの大好きなイベントの一つですね。特に年に一度しか会えないサンタクロースからもらえるクリスマスプレゼントは格別なものがあります。サンタさんの存在を信じている純粋なお子様にはプレゼントの渡し方もちょっと一工夫して、素敵な思い出もプレゼントしてあげたいですよね。
今回は子供がびっくり!大喜び!印象に残るクリスマスプレゼントの渡し方をご紹介します。簡単なサプライズ演出でお子様も大興奮ですよ^^

スポンサードリンク

クリスマスプレゼントの渡し方 子供が喜ぶ方法は?

日本のクリスマスプレゼントは枕元に置いておき、翌朝起きたらびっくり!というのが定番?ですが、ここでひと工夫するだけで子どもたちがさらにびっくり!ウキウキワクワクしちゃうような楽しい渡し方があります。こんな方法はいかがでしょうか?

1、クリスマスプレゼントで宝探し!

普通に枕元にプレゼントを置くのではなく、「プレゼントのありかが書かれたお手紙」を置いてみましょう。
その手紙には「サンタからの挑戦状!」などと題して、なぞなぞでプレゼントのありかを書いたり、まず最初にAという場所に行くように指定してAに行くと次のBの場所が指定されていて、最終的にDまで行くとプレゼントに行きつく、というような宝探しのような感じにしても面白いです。
なぞなぞはたとえば「お布団がしまってあるところど~こ~だ~」とか簡単なものでもいいですし、小学生くらいになったらちょっと難しい暗号やクイズでも面白いかもしれません。
この方法を使うと子供たちがプレゼントを見つけたときに「このプレゼントは自分が自分の力で頑張って見つけたんだ!」という達成感も味わえますよ^^

クリスマスプレゼント サンタからの渡し方

次はまるでサンタさんから直接プレゼントをもらったかのような気持ちになれるプレゼントの渡し方のアイデアをご紹介します。

2、クリスマスツリーの下にサプライズプレゼント!

アメリカではクリスマスプレゼントはクリスマスツリーの下に置かれるというのをご存知でしょうか?
日本では枕元に靴下を置いて、そこにプレゼントが…というイメージがありますが、今年はクリスマスツリーの下にクリスマスプレゼントを置いておき、まるで外国から本物のサンタクロースが来たかのようにしておくんです。
子供には前の晩寝るときに「枕元に靴下置いておいていい子に寝ようねー」なんて言っておき、普通に寝てもらいます。でも翌朝起きても枕元に置いプレゼントがない…!( ; _ ; )
プレゼントを心待ちにしていた子供は、プレゼントが何もなかったという光景にビックリして、ちょっと涙してしまうかもしれません。
でもあとでツリーのところに行ってみると大きなプレゼントがどーん!とあったらいかがでしょう(^^)
涙も一瞬で止まりますよね♪
子供がプレゼントを見つけたらお父さんお母さんも「あ~!プレゼントあったね!●●くん(ちゃん)のところには外国から本物のサンタさんが会いに来てくれたんだね!外国ではツリーの下にプレゼントを置くんだよ!」なんて伝えてあげるとより現実味が増すと思いますよ^^

3、サンタさんが食べた!?お礼が届く演出

次はサンタさんからのお礼としてプレゼントが届くというアイデアです。
夜寝る前に子供たちを集めて「サンタさんは夜の間に日本全国を飛び回って一人で子供たちにプレゼントを配るからすっごく大変なんだよ。そんなとき、うちにお茶とお菓子(食べ物)を置いておいて、サンタさんどうぞ!ってしてあげたらきっとサンタさん喜ぶよね!」と伝え、サンタさんおつかれさま!召し上がれ!などと書いた手紙とともに軽食を置いておきます。
そして翌朝、空っぽのお皿とともにサンタさんからのお礼のお手紙とクリスマスプレゼントを置いておくのです。
手紙には「お菓子(食べ物)おいしかったよ、ありがとう!優しい●●くん(ちゃん)にはサンタさんからとびっきりのプレゼントだ!これからもみんなに優しくするんだよ」となどと書いておきましょう。
子供用にひらがななどで書いてあげてもいいですが子供が読めないように英語で書くと「本物だ!」と思ってもらいやすくなると思います^^「英語なんて難しいよ~」と思われるかもしれませんが、サンタさんを信じてくれるような小さなお子様宛てなら意味のない英語の羅列で十分ですよー♪

スポンサードリンク

クリスマスプレゼントの渡し方でサプライズ!

次はさらに子供たちがびっくりするサプライズ演出をご紹介します。お父さんお母さん以外の協力が必要ですが、成功すれば絶対びっくりしてくれるはず!「サンタさんって本当にいるんだ!!」と子どもたちに夢を持ってもらえますよ^^

4、サンタクロースから突然電話が!?

クリスマスのパーティーも終わって家族そろって談笑しているとき、突然家の電話が鳴り響きます。誰だろう?と思って電話に出るとなんとサンタさんからの電話!!
サンタさんからの電話は親戚の方やご友人に頼んでもいいですし、現在は民間業者の「サンタさんからの電話サービス」なども登場していますので、そちらを使われるのもいいですね^^

>>サンタさんからの電話をお願いする
電話は直接子供たちが出てもいいですし、普段通りお父さんお母さんが先に電話に出て「●●くん(ちゃん)!サンタさんから電話だよ!」などと言って電話を代わりましょう。
電話口では「●●くん(ちゃん)のために大きなプレゼントをお部屋に置いてきたからあとで見に行ってごらん」などと言ってもらい、部屋にはあらかじめプレゼントを置いておくようにしましょう。

5、サンタクロースが突然訪問!?

こちらは友人や知人にお願いして自分の家のチャイムを鳴らしてもらい、玄関に行くとプレゼントとサンタさんからのお手紙が置いてあるというサプライズ演出です。家族そろって談笑しているときにすきを見てお父さんかお母さんが部屋を抜け出し玄関にプレゼントとサンタからの手紙を置きます。その間残っている方は子供たちの様子をしっかり見ておき、子供たちが玄関に行ってしまわないように見張っておきます。
玄関にプレゼントを置いたら友人知人にチャイムを鳴らしてもらい、お父さんかお母さんが「あれ、誰だろう?もしかしてサンタさんじゃない!?」などと言って家族全員で玄関に向かいましょう。
手紙には「メリークリスマス!いつもいい子の●●くんと●●ちゃんにサンタクロースからのプレゼントだよ」と書いておきます。サンタさんからの訪問でプレゼントを見つけた子供たちは大興奮してくれること間違いなしですよ^^

まとめ

サンタクロースのことを信じている子供たちには出来る限り夢を見せてあげたいですよね。今回ご紹介した方法でサンタさんの存在を強く信じてくれる子が出てくれたら嬉しく思います^^

スポンサードリンク

コメント