年賀状の宛名で子供の敬称は様?くん ちゃん?使い分け方をご紹介!


子供のいるお友達に年賀状を書きたいんだけど子供の敬称は「くん」や「ちゃん」でもいいの?小学生くらいだと「様」?どうやって使い分ければいいか分からない!

年賀状の宛名を書くとき、ふと子供の名前につける敬称をどうしたらいいのか悩んでしまうことってありますよね。いつもはくんやちゃん付けで呼んでるから年賀状もそれでいいのか?と思いきや、やっぱり年賀状のような正式なご挨拶なら、様を使ったほうがいいのか悩んだり。
今回は年賀状の宛名の子供の敬称のつけ方についてご紹介いたします♪

スポンサードリンク

年賀状の宛名の子供の敬称はどうする?

こんにちは、ゆうこです(*^^*)
基本的に年賀状に書く子供の敬称に決まりはなく、「様」「くん(君)」「ちゃん」どれを使ってもいいとされています。

ただ、単なる宛名とはいえ、宛名は多くの方の目に触れる部分なので大人にも子供にもいい印象を持ってもらえるように「年齢で敬称のつけ方を変える」と良いでしょう。

たとえお父さんやお母さんの名前と一緒に書かれているとしても、子供は自分の名前が宛名に入ってると嬉しいものです。
小学校3年生までの低学年のお子様なら、くんやちゃんが付いていても良いですが、小学校4年生以上の高学年になると恥ずかしいと思うお子様もいらっしゃいますので、様を使うのがおすすめです。

普段からくんやちゃん付けで呼んでいても年賀状の宛名は少し特別なもの、という扱いで敬称を使い分けると良いでしょう。

年賀状で子供に様をつけるといい印象を持ってもらえることも!

先ほど、小学校高学年以上は様を使うと良いでしょうとお伝えしましたが、もちろん小学校低学年の子に様を使っても大丈夫です。
むしろ様を使ってあげることでお子様自信が「なんだか大人と同じ扱いを受けている気分でいい気分♪」となったり、親御さんも「様を使ってもらえるなんてこの子も成長したんだな」と思ってもらえますので、ぜひ使ってみてください。
ただ様は逆によそよそしい印象を持たれることもありますので、学生時代からの友人であればくんやちゃんを使うなど、相手との関係によって使い分けると良いでしょう。

スポンサードリンク

年賀状でくんやちゃんを使うときの注意

年賀状の宛名で、くんやちゃんを使うときには注意点もあります。
くんやちゃんはどうしてもラフな印象となりますので
上司など目上の方のお子様に敬称をつけるときは様を使ったほうが無難です。
くんやちゃんを使うと少し上から目線の印象をもつ方もいらっしゃいますし、馴れ馴れしいと感じる方もいます。
幼稚園や保育園に通っているくらいの小さなお子様でしたらくんやちゃんを使ってもおかしくないかと思いますが、目上の方に宛てる場合はちょっと立ち止まって、「失礼にならない言い回しはどちらだろう?」という相手視点で考えてみると良いでしょう。

まとめ

お子様の敬称は、君でもちゃんでも様でもOKとのことですが、お子様の年齢や相手方との関係(親戚なのか上司なのか友達なのか)で使い分けていきましょう!

スポンサードリンク

コメント